クラリネット 基礎トレーニング<永久保存版>

クラリネットを吹く基本の姿勢

(立奏)足は身体が安定するよう少し開きます。

(座奏)足とお尻にバランスよく体重をのせます。

クラリネットを吹くときには、右手の親指がとても重要になります。親指でしっかりとクラリネットを支えるようにします。

 

クラリネットの持ち方、構え方

右手の親指と上の前歯の位置が重要になってきます。

はじめは右手の親指にクラリネットの重さによって痛くなることがあります。無理をせず練習しましょう。

 

クラリネットのアンブシュア

アンブシュアとは、クラリネットを吹くときの口の形のことをいいます。まずは以下を試してください。

  1. 上の前歯をマウスピースの先端1センチくらいに合わせる
  2. 息が漏れないように口を閉じる

人それぞれ体の大きさが違うように、アンブシュアに「これ」といった決まった形はありません。まずはしっかりと音が出せるようになって、そこから良い音色のアンブシュアを探していきます。

 

音の出し方〜その1<まずは息をしっかりいれよう>

クラリネットは息の入りにくい楽器です(注:サックスと比べた個人の感想です)。ですので、まずはしっかり息を入れることが重要になってきます。

  1. (音は出さなくていいので)しっかりとベルの先まで息を入れる

この時の左手は、バレルを持って楽器がグラつかないようにしっかり支えてください。

 

音の出し方〜その2<ソの音にチャレンジ>

クラリネットに息をしっかり入れると、音を出すことを意識しなくても自然と開放の「ソ」の音が鳴るはずです。

「キャー」っと変な音がなった時は息のスピードが速すぎるか、強く噛みすぎている証拠です。

反対に、音に「スー」っという雑音が混じっている場合は、リードのコンディションが悪い(マッピに対して適切な厚さのリードがついていない)証拠です。

 

音の出し方〜その3<楽器の支え方のコツ>

クラリネットに限らず、楽器を安定して構えることはとても重要です。クラリネットを構える(支える)時に意識することは、右手の親指と上の前歯の関係です。

右手の親指でしっかりクラリネットを支えて持ちあげる(適度に)と上の前歯にしっかり当たります。そうすることで下唇が柔軟になり、リードの振動がとてもよくなります。

 

ロングトーンのやり方

ロングトーンはただ音を長く伸ばすだけでは意味がありません。きちんを目標を決めてすることが大切です。

  1. フォルテでたっぷり伸ばす
  2. ピアニッシモで美しい音で伸ばす
  3. ピッチに気を付けて伸ばす

ピッチに気を付けてロングトーンをする際にチューナーを見ながらする方がいますが、チューナーを見続けていてはよくありません。しっかり耳で聞いてロングトーンをすることが大切です。

 

タンギングのやり方

タンギングは、リードの先端を舌でつくことで音を切るのですが、舌を「突く」というイメージではなく「付く→離す」というイメージでするときれいに音が切れます。

舌の付く度に息も途切れてしまわないように、息の流れはロングトーンのままということを意識していてください。

 

組み立て方〜その1<下管とベル>

まず下管とベルを接続します。この時、コルク部分にグリスを塗ると接続しやすくなります。

意識することは、下管のキィを写真のように左手で持つことです。間違った持ち方をすると、力を加えたときにきキィが曲がってしまうことがあります。

 

組み立て方〜その2<上管とバレル>

つぎに上管とバレルを接続します。この時も、コルク部分にグリスを塗ると接続しやすくなりますが、グリスがキィに付かないように気をつけてください。

写真のように持ち、キィに過度な負担がかかって壊れてしまわないようにしましょう。

 

組み立て方〜その3<上管と下管>

上管と下管の間には写真のような連結部分があります。接続の際には上管を写真のようにもち、連結部分同士がぶつかって壊れてしまわないようにしてください。

 

組み立て方〜その4<リードのつけ方>

マウスピースにリードを付けるのも初めはとても大変です。おススメの方法は以下のとおりです。

  1. クラリネットを写真のようにもち、脇にかかえるようにする
  2. リードをマウスピースにあてがって、左手の親指でずれないように持つ
  3. 右手でリガチャーを装着する

慣れてくると何でもないことなのですが、初めのうちはリードを付ける間にリードを傷つけて使えなくしてしまうことがよくあります。

マッピにリガチャーをかぶせてその間にリードを差し込むやり方の人もいますので、どちらでも構いませんが、これまでのレッスンを通じて一番うまくいく確率の高いのが上記の方法です。参考にしてみてください。

 

豆知識〜クラリネットは何でできている?

クラリネットはグラナディアという黒くて重い木を使っています。

そしてマウスピースは硬いゴム(エボナイト)という素材でできているのですが、落としたりする衝撃には弱いので取り扱いには気を付けましょう。

 

豆知識〜クラリネットの歴史

クラリーノという高音トランペットの音色に似ていたため、クラリネットの名前がつきました。

昔は今のように重厚なサウンドではなく、軽くてスタッカートも簡単で明るい傾向の音がしていました。

キィの数もうんと少なく、改良を重ねられた結果、音色も音程も音域もパーフェクトに近い楽器に仕上がってきました。

 

監修 クラリネット講師 澤田圭司 吉田由希乃

クラリネット基礎トレーニングページは、クラリネット講師の澤田圭司先生、吉田由希乃先生に監修していただきました。

澤田圭司先生、吉田由希乃先生のレッスンを受講してみたい方、ご質問や応援メッセージは下記のメールフォームもしくはお電話でご連絡ください。※ご質問、メッセージへのご返答はお約束できかねます。予めご了承をお願いいたします。