フルート 基礎トレーニング<永久保存版>

フルートを吹く基本の姿勢

フルートの演奏において重要なのは、フルートを持つ姿勢です。「良い音色は良い姿勢から」と言われるように、姿勢が悪いと息の流れが悪くなり音色や音程に影響してきます。

背後に反るように背筋を伸ばす必要はありませんが、ある程度は胸を張り腹筋を使うようにします。

 

フルートの持ち方、構え方

初心者の方は、フルートの持ち方、構え方に戸惑うかもしれません。フルートはどこかをしっかり握って演奏する訳ではなく、左手人指し指の付け根あたりと右手の親指、そして口の3点でうまくバランスを取って吹いています。

このバランスに慣れることも大切で、フルートの持ち方が不安定だと、当然音色も音程も不安定なものになってしまいます。

 

音の出し方〜その1<頭部管を使った吹き方の基本>

まずはじめに、頭部管のみを使った音を出す練習をします。

  1. 写真のように唇と吹き口を合わせる
  2. 息を「トゥー」と吹きこんでみる

下唇の下のへこみ部分とフルートの吹き口のカーブがフィットするようにすると安定します。少しの角度の違いで鳴りやすさが変わりますので、自分の最適なポジションを何度もチャレンジして探ります。

 

音の出し方〜その2<ソの音にチャレンジ>

主管と足部管をつないで、比較的だしやすい「ソ(ラでもOK)」の音で練習をはじめます。このときに、必要以上に指や肩に力が入らないように気をつけてください。フルートの足部管までフルートを温めるイメージで吹きましょう。

フルートを吹くのに力(パワー)は必要ありません。「効率よく鳴らす」ためにフルートの角度や息の入れ方をよく研究してくださ。

 

音の出し方〜その3<楽器の支え方のコツ>

「効率よく鳴らす」ために研究を・・・とはいえ、具体的に何からはじめればいいのか?難しい問題だと思います。フルートに限らず楽器を演奏することにおいて大切なのは、安定して楽器を持つことができるということです。

左手の人差し指は、付け根のゴツっとしたところに楽器をのせるイメージで、親指は関節を少し曲げましょう。右手の親指は人差し指と挟むイメージで持ちましょう。

 

タンギングのやり方

フルートのタンギングは比較的簡単です。「ドゥードゥー」と発音すると音が切れます。

「ドゥ」と発音するときは舌先を軽く動かします。「フゥ」だとうまくタンギングになりません。

 

組み立て方〜その1<主管と足部管>

まず、主管と足部管を接続します。このときに注意することは「キィに過度な負荷をかけないこと」です。

キィを持って接続すると変形してしまう恐れがあり、音が出にくくなったり、最悪の場合壊れてしまいます。

 

組み立て方〜その2<頭部管と主管>

つづいて、主管と足部管を接続します。この時もキィに負荷をかけないように注意しながら接続してください。

 

豆知識〜フルートは何でできている?

フルートといえば、シルバーのイメージの方が多いのではないでしょうか。シルバーの場合、銀メッキ・ニッケルシルバー・総銀製に分けられます。

そして黄金に輝く、金でできたフルートもあります。金の含有率によって、14金や18金に分類されます。また、木製のフルートや近年ではクリスタル製の透明のフルートも開発されています。

 

豆知識〜フルートの歴史

フルートの原型ができたのは、ルネッサンス時代の16世紀ころのことです。当時はキィはなく、現在のリコーダーのように唄口と指穴があいているだけの簡単な作りでした。

出せる音にも限りがあったため、改良が加えられ次第にキィも増えてきました。

1800年代半ばの頃にドイツの楽器製作家テオバルト・ベームによって大改良が加えられ、現在のようなフルートになりました。

 

監修 フルート講師 松岡希

フルート基礎トレーニングページは、フルート講師の松岡希先生に監修していただきました。

松岡希先生のレッスンを受講してみたい方、ご質問や応援メッセージは下記のメールフォームもしくはお電話でご連絡ください。※ご質問、メッセージへのご返答はお約束できかねます。予めご了承をお願いいたします。